ダンロン2所感 その3(ネタバレ注意)

2012年7月29日
レポート

 ダンロン2が3章まで完了。

 徐々に真相が見えてきたりやっぱり見えてなかったり、衝撃的な要素もいろいろ出てきたりと、物語が本格的に動き出し、どんどんのめり込んで行っております。
 
 
 というわけで昨日の続きです。例によってネタバレ満載なので、プレー予定で未プレーの方、プレー中でまだ3章が終了していない方は、以下は絶対に見ないように気をつけてくださいませ。(ご覧になる場合は自己責任でお願いします……


 
 
 
 
 
 
 
 

【前回までの追検証・反証】
☆大前提の疑問:前作と話は繋がっている?
⇒裁判後の罪木の発言からYESで確定と見て良さそう。
⇒狛枝が前回の学級裁判で話題になったことを次々持ち出しているのも根拠になる。
 ⇒とりあえず「同時勢のパラレルでは無い」が確定したので、この件は今回でクローズ。

☆今作の生徒たちをジャバウォック島に閉じ込めたのは「希望」側勢力?
⇒初めて名前が登場した「未来機関」という組織が完全に「希望」側かは怪しいので、わからなくなってきた。
 ⇒というのは、希望側であるはずの狛枝が「未来機関」を知らないっぽいため。
  ⇒少なくとも「閉じ込めたのは未来機関」で確定したようなので、当項目も今回でクローズ。

☆狛枝凪斗=苗木誠なのか?
⇒「超高校級の絶望」という言葉を使ったことから苗木である可能性は極めて高い。
 ⇒さすがに否定要素も殆ど無くなってきたので、クローズしちゃって良さそう。

☆狛枝=苗木という前提とすると、なぜ苗木は狂ってしまった?
⇒罪木の「あなたに愛する人はいないのか?」という発言に対する反応から、霧切死亡説が再び浮上。
⇒絶望によって霧切を殺されたのなら、絶望に対する異常な憎悪や、絶望根絶のために手段を選ばないのにも納得が行く。

☆そもそもに仮想世界である疑いもある。
⇒新たな推測要素が出てきたものの、根拠が自由行動のイベントにあるため、ここでは詳説しづらい。(共通ルートならネタバレ回避の目安がわかりやすいが、誰のイベントを追ってるかは人によるため。)
 ⇒七海千秋のイベントを最後までやった方、やる予定ないけど内容を知っても良い覚悟がある方はこちらから。(クリックすると画像データ化した文章がポップアップします。)

☆七海千秋は特異な存在?(知識が偏ってる、ゲームを楽しくなくする者への憎悪など)
⇒これも自由行動中の七海イベントでいろいろと追加検証要素が出ただけなのでここでは割愛。

☆日向の能力は何か?
⇒無能力の疑い。金の力で希望ヶ峰に入ったとすれば「財力」「出自」あたりか?

☆クライマックスは苗木との対決になる?(俺たちはお前の玩具じゃない!的な展開で)
⇒「未来機関」という第三勢力が出てきたので、最後はそっちが対決相手で苗木とは共闘になるかも?
⇒モノミのコントローラーがラスボスになる?
⇒敵性勢力が増えてきたので、次回から疑問の内容を「最終的に何者と戦うのか?」に変更。

☆西園寺日寄子が非常にツボだが、あれは最後まで生き残れるタイプじゃないので覚悟完了済み。
⇒はい、やっぱり死にました。覚悟完了してたけど、やっぱり多少はショックでしたとも orz
 ⇒まぁ見せ場は多かったし、惨殺されたり無様なタイプのクロになるよりは扱いが良かったので不満無し。クローズ。

☆澪田唯吹も結構好き。こっちは生き残っても疑問はない。
<前回考察>次あたり被害者率高そう。前作を踏襲するなら被害者が複数人出るところだし……
⇒こちらも予想通り殺されました。しかしイベント配分間違えてかけらを1つ集めきれなかったよ orz
⇒結果的に被害者予想が完全に当たったのはちょっと嬉しかった。わかりやすかっただけかもですが(;´Д`)
 ⇒まぁクライマックスでこいつの電波台詞はさすがに邪魔だからここで脱落もやむなしか。とりあえずクローズ。

☆モノクマが言う「世界の破壊者」とは?
⇒「未来機関」を指すとのことなので「超高校級の絶望」自体では無い模様。
 ⇒「何者か?」の答え自体は確定したのでクローズ。

☆前作の生存者は男女比1:1だったが今作はどうなる?
☆前作は加害者/被害者の性別の組み合わせが「異性・同性・異性の順」だったが今回は?
<前回考察>今のところ「同性・同性」と来ているので次は異性か?
⇒そんなわけで蓋を開けてみたら一気に男所帯に。生き残った女性キャラが終里・ソニア・七海とグラマー勢なため、スレンダー派は既に絶望の底に叩き落されました。でも七海は許す。(隠れグラマーはグラマーカウントしない主義)
⇒前作の腐川冬子的な存在がいなくなっちゃったけどバランス的に平気なのかな?
⇒と思ったが男子側にガンダムがいた。まだ大丈夫だ。

☆小泉×西園寺は美味しすぎます(^ρ^)
<前回所感>でもホントは西園寺×罪木が脳内でそろそろやばい(^ρ^)
⇒西園寺×罪木の線がほぼ無くなった代わりに絶望(推定)×罪木がやばいやばいやばい(^ρ^)(^ρ^)(^ρ^)
 ⇒小泉×西園寺ラインは死人楽屋裏ネタとか期待できるね。とりあえず関係者全滅したのでクローズ。

☆「裏切り者」は誰か?
☆モノミが言いかけた「ジャバウォック島以外は」の意図
☆遺跡の扉は前作の最後に出てきた脱出扉と同じ形っぽい。
☆ウサミは島のGM的役割を与えられていて、現在はその権限をモノクマに奪われている?
☆モノミが2章最後の独り言で言っている「あなたたち」とは?
⇒検証材料不足につき保留。

【新たな要検証要素・所感】
☆狛枝は決して高位の存在ではないっぽい?
⇒絶望病に普通にかかっていたところを見ると、チート級の強さは無い模様。

☆今作メンバーは前作メンバーと在学期間がかぶってる可能性が高い。
⇒罪木が言っている「あの方」が絶望のどちらかであるなら、同学年かまたは入学が±2年以内のはず。
⇒苗木の容姿が以前より大人びていることを考えると、後輩の線が強いか?

☆狛枝と「未来機関」との関係は?
⇒罪木との会話から見て、未来機関の人間ではない?

☆モノクマを操っているのはどの勢力なのか?
⇒未来機関ではない模様。絶望の跡を継いだ存在がいる?

☆オシオキは非常に良かった。凝ってたし、コミカル路線に徹してたし、罪木がなんかエロいし。
⇒少し真面目な見解も加えると、前作のセレスのオシオキと違って、死を望むクロを落胆させる要素を挟んでなかったことが注目点かもしれない。(設定資料によると、セレスが火あぶりの状態を楽しんでいるのでは絶望を与える処置にならないので、セレスを落胆させるために消防車が飛んできたらしい。)
 ⇒モノクマの操作者が江ノ島とだいぶ違う人格なのかも?(絶望勢力じゃない?)

☆しかし澪田も西園寺も見事なまでの死亡フラグであった。
⇒突然やってきた見せ場はだいたい死亡フラグである。

☆今度こそ左右田がクロだと思ってた。
⇒粘るなぁ桑田顔。でも考えてみると、役どころ的には前作の葉隠枠ですな彼。じゃあ最後まで残るかな?

☆それはさておき罪木蜜柑ですよ。
⇒もう今作最高のキャラが確定しませんかこれ。しちゃったよ個人的にはたぶん。
⇒まさかこんな隠し玉を大量に持ってたとは。
⇒どこを切ってもツボしかない。江ノ島を思い出させる絶望酔い表情がエロすぎる。
⇒「あの方」が江ノ島でも戦場でも美味しい。美味しすぎる。でも江ノ島のがしっくり来るかなぁ。
⇒敵役が魅力的だと私が嬉しい。(だからどうした)
⇒模範的な敵役好きが喜ぶ最期。見習ってほしい作品多数。(※個人の感想です。)
⇒もうほんと脳内が罪木無双ですよ。丼飯30杯は行ける。
⇒名演を繰り広げた茅野愛衣さんの評価も連鎖反応的にうなぎのぼり。ただでも氷菓の摩耶花役で結構好感持ってたので余計に。

☆このまま行くと詰みゲーならぬ罪木ゲーという個人的評価に辿り着きそうで怖い。ていうか罪木ゲーでもいいですよもう。
⇒大事なことなので2回言いました。

 
 
 なんかね、いろいろ考えてたはずなんだけど、罪木蜜柑の活躍で殆ど吹っ飛んじゃいました……(;´Д`)
 あんな素敵な敵役はなかなかいません……本性晒して十数分で死んでんのにすごいインパクト。

 もちろん本筋も言うまでもなく盛り上がってきてますので、先が非常に楽しみです。ここから更に一章が長くなるんだろうなぁ……w