謹賀新年2013

2013年1月2日
雑記

 少し遅れましたが、あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 前年は8月に魔性のゲームにハマったため、下半期の更新が壮絶なまでに少なくなってしまいましたが、今年は少しはマシにしたいと思っております orz
 今年は全ての生命体の中で最も好きな生物である蛇の年なので、それに絡めたネタなんかも出来たら面白いかなぁとも考えてたり。考えてるだけで終わる確率も決して低くはありませんが(;´д`)

 さて、大晦日に恒例のまとめを投下しそこねましたので、以下は前年のまとめ的なものになります。例によって冗長なので格納いたします。
 

【拙作について】
 まぁサボりすぎでした orz
 月1ペースが守れなかったどころか、ギリギリ2ヶ月に一度のペースを守れたという体たらく……いやはや、反省が必要ですね。

 ただ、構想だけあって書けていないと言った感じのものをいろいろと仕上げられたので、自分としてはわりと充実していた気がします。特にポップンの鹿ノ子の話はポプ15当時に3割ほど書いて続きを書けずにいたものなので、形に出来て本当に良かったです。また、弐寺の二次創作に取りかかれたのも良かったと思います。まぁニッチな内容ではありますが……w

 8月8日の企画は続けていきたいところですが、来年はネタがきちんと閃くか不安も(;´д`)

 とりあえず今年は7本以上書き上げたいです、はい。(望みが低い)
 

【グラビティデイズ】
 今年最初の衝撃。斬新なゲームシステム、独特の世界観、魅力的なキャラクター、謎めいたシナリオなどなど、どこを切っても文句の付けどころがない名作でした。
 にも関わらず、広報の訴求力が足りなすぎたようで、残念ながら知る人ぞ知るマイナー作品の域を出ることが出来なかったようです……本当にもったいない。

 でも先日の冬コミでこの作品の二次創作同人誌を見つけることが出来たので、好きな人は確かにいるのだと安心しました……w
 

【シアトリズム ファイナルファンタジー】
 体験版から好感触だったファイナルファンタジー公式音ゲー。製品版も非常に素晴らしい出来でした。選曲もけっこう良いところが抜粋されていて、懐かしさもあいまって非常に楽しかったです。

 ただ、曲の追加販売のシステムは上手く馴染まなかったのが正直なところです。昨今の売り方のスタイルを考えるとやむを得ないのでしょうが、バラ売りだと(DLの手間もあって)なかなか食指が動かない部分もありました。いっそ数曲をセットにしてくれれば良かったんですが、それだと売上が読めなくなりますもんね……縁が無かったということでしょう(;´∀`)
 

【夏色キセキ】
 スフィアがメインを務めたアニメ作品。1話目のとっつきが悪くてどうなることかとハラハラしましたが、最終的には非常に素晴らしい作品にまとまっていました。
 OPテーマ、EDテーマともに2012年のスフィアを代表する名曲でしたし、どこを切っても本当に楽しませていただきました。

 いちど下田に行ってみたいと思いつつ、結局実行に移せないまま年を越してしまったなぁ……w
 

【スーパーダンガンロンパ2】
 なにはなくともこれは外せない、大人気推理アクションゲームの続編。2012年では間違いなく最も楽しませてもらいました。
 とにかく推理物でありながら強いアクション要素を有しているのが特徴のこのシリーズ、前作で面白かった点はパワーアップし、難点だった点はしっかり改良され、好き嫌いは分かれるものの、最高級のクオリティをもった作品に仕上がっていたと思います。

 ネタバレ自粛が公式からお願いされているゆえ、この記事では細かいことは書けませんが、とにかくオススメの作品です。前作をやって楽しめた方には絶対にプレーしていただきたいですし、前作をやってない方には前作とまとめてオススメしたいところです。
 

【アイドルマスター シンデレラガールズ】
 いわゆるモバマス。手を出すまいとあれほど思っていたのに、ひょんなことからプレーしてみたらあれよあれよとどっぷりと。

 わりと765勢はゲスト的な扱いなので、割り切って別ゲームとして楽しんでいます。お気に入りキャラに関しては伊織さまは殿堂入り的な認識で、みりあとか麗奈とか光とかそのあたり……ええ例によっての不人気勢ですとも orz

 初めは無課金を貫いていたのですが、イベント要素に本格的に取りかかるようになってからは、アイテムぐらいは買うようになってしまいました……でもまだガチャは有償では回していません。たぶんこれが越えてはいけない最後の一線……(;´д`)
 

【ドラゴンクエスト10】
 10月頃にも話題に挙げましたが、うっかり手を出したらすっかりハマってしまいました。それ以降もそこそこ順調にプレーを続け、レンジャーも結構良い感じに育ってきておりました。需要皆無で最弱という認識も名高いブーメランを愛用する駄目スタイルですけども……w

 ただ、現在は直近のバージョンアップで不満な点があってちょいと疎遠になっております。もっとも、要望は結構しっかり拾うスタッフですし、問題点はわりと素早く解決することも多いので、これですっぱりサヨナラとはならない気はしています。大事なのは問題点にきっちり対処することだと思いますので……
 

【Project DIVA f】
 待望のVita版DIVAです。スクラッチという新しい要素は加わったものの、基本的には正統な新作。全曲新規収録ということもあって吉と出るか凶と出るか不安な部分もあったのですが、結果としては大吉だったと思います。
 今回はラスボス曲も激唱EXのようなクs……ごほん、偏った譜面内容でもなく、未だにフルコン埋めにちまちまと挑み続けていられております。さすがに☆8.5からはかなりきつくなってきましたが……w

 春にはPS3版も発売するようで、こちらも非常に楽しみです。スクラッチがアナログスティックになるようですが、感覚がどんな感じに変わるのやら(;´∀`)
 

【アイドルマスター シャイニーフェスタ】
 L4Uから長く待ちこがれていた、アイマスブランドの正統な音ゲー作品。予想通りがっつりハマってしまいました。
 ゲームとしての要素だけでなく、同梱のアニメ作品も非常によく出来ていて、この作品に合わせて作られた新曲も相変わらず名曲揃い。3種に分かれていたのをまとめ買いしましたが、損した感はありませんでした。

 惜しいのは、このご時世にPSPというハードであることや三種類にバージョンを分けるなど、忌避されやすい要素が多かったため、いまいち浸透していない感があること。せっかく素敵な新曲や新作アニメの話をしたいのに、わりと周囲のアイマスファンは乗っかってくれないんですよね……ほんと寂しい限りで orz
 出来るならばVitaあたりで3バージョン統合した完全版でも出してほしいところなのですが、まぁありえないだろうなぁ(;´д`)
 

【東方Project】
 今年は新作の発売もなかったので、たまに引っ張りだしてまったりとプレーする程度だったのですが、二次創作はそれなりに書いたり買ったりしていたので、縁が薄くなったというほどではありませんでした。
 特に4月には、妖々夢のいわゆる「聖地」である弘川寺へ行ってくることも出来ました。あいにく気候が良くなかったため、まだ西行桜は咲いていなかったのですが、お祭りなんかもやってて非常に楽しんでこられました。
 

【競馬】
 去年の秋に興味を持ち始めた中央競馬ですが、前年はますますハマった感がありました。
 4月には東方の聖地巡礼ついでではありましたが、阪神競馬場で生の桜花賞も見てきて、後の三冠牝馬ジェンティルドンナ勝利の瞬間を目撃することまで出来てしまいました。

 ホエールキャプチャのおっかけも相変わらずで、5月のヴィクトリイアマイルは府中競馬場で応援。G1初勝利の瞬間には年甲斐もなく感涙。
 また、11月には京都競馬場のエリザベス女王杯の観戦にも行くことが出来ました。便宜をはかってくださったシル師匠には改めて多謝です。ホエールの戦績は残念でしたが、むしろあの劣悪環境で無事に帰ってきてくれて安心したぐらいで(;´д`)
 元々1頭の馬に興味を持った状態でしたが、結構いろいろ調べるようになり、馬券もそれなりに買うようになって、まだまだ長く楽しんでいけそうな新たな趣味になってくれたと思います。

 あと年末のウマドンナ2ね。本当に名作なのでみんなプレーしてほしいですよ!!(ネタではなく真面目に)
 

【音ゲー】
 主にコナミ音ゲーの話。

 弐寺はギリギリで何とか九段を維持できました。年明けちょっと前には久々の☆11新規クリアも有り、年寄りは年寄りなりにまだまだ頑張っていけそうです。
 ポップンもLV48(旧基準42)の新規クリアをいくつか増やせたので、2013年も着実に伸ばしていければ良いなーと思ってます。そろそろLV49にもマークが欲しい……w
 ユビとリフレクはちょっとご無沙汰ぎみ。どこかで再開できれば良いのですが、歳を取るにつれて、だんだん掛け持ちによる成長拡散のリスクも大きくなってきたんですよねぇ(;´д`)

 しかしそんな中、年末近くなって突然ハマってしまったのがダンスエヴォリューション。キネクトを使った全身モーション検知の新しい音ゲーなんですが、これが思った以上に面白い。動体視力や反射神経よりは覚えと正確さが大事なシステムなので、そのアクティブなイメージに反してわりとロートルにも優しいのです……w

 今のところ従来作品の地力の大幅な劣化は見られていませんし、雀の涙ほどの進歩は稀に見られるので、粘れるところまでは粘っていきたいものです。音ゲーやってる友人知人は殆どが20代なので、学習能力的な認識のギャップが激しいこと激しいこと(ノ∀`;)
 

 以上、2012年の大ざっぱな回顧緑でした。いろいろと新規開拓が出来たり、従来作品の新しい展開があったりと、なんのかんので充実した1年でした(´∀`)

 今年も例によってグダグダでしょうが、ちまちまとこのブログを続けていければと思っております。
 2013年もLimitation-0をどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m