【ネタバレ注意】終盤で盛り返すと信じたい(ダンロンアニメ感想6・7)

2013年8月22日
レポート

 アニメ版ダンガンロンパ6~7話の感想雑記でございます。

 原作との対比を交えて話したいので、以下、アニメでまだ到達していない部分のシナリオ範囲も含む致命的ネタバレが多くございます。原作をオールクリアしていない方は閲覧に重々ご注意ください。


<ここからしばらくネタバレ防止用空白>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ついに2週間分まとめてになってしまいました。コミケ前後のゴタゴタであたふたしてたり東方の新作に夢中になってるうちに時間が過ぎ去っていたのですが、正直なところ感想を投下し続けるモチベーションが下がってしまったというのもあります。シナリオ的にも謎解き的にも、原作で最も作品に引き込まれる要因になったのがCHAPTER3だったので、そこの出来があれではどうしてもガックリ来ます…… orz

 評価できる点が無かったわけではありませんが、それ以上に良くない点が多すぎた……

 空気清浄器のくだりがカットされてる
→最後の最後の江ノ島の言葉どうすんだろう? そこで説明するのかな?

 カメラの所有者のくだりが無くなっている
→山田の所有物が経年劣化しているという「2年間の記憶消去」への伏線が無くなってしまった。

 葉隠のメモがどう見ても活字
→筆跡が後に証拠として生きるので、手書きの「達筆」にしてほしかった……気の持ちようなのかもしれないけど(;´д`)

 桑田たちの写真が「落ちてた」から「アルターエゴの見つけたデータ」に変わった
→「わざわざ目に着く場所に置いておく」という黒幕からのいやがらせ感が激減。また、実物の写真の方がリアリティがあるし、それでいて「苗木だけが見つけた」という要素もなくなり、ブラフなのか伏線なのか曖昧なものでは無くなってしまった。

 山田が本当に死んだ時の死体発見アナウンスが聞こえにくい
→事件の真相に繋がる重要な証拠なのにこれはいただけない。注意深い人なら聞こえるのだろうが……

6話だけでも不満と言うか問題点がこれだけ見つかりまして(それも記憶だけを頼りに書いてるので、実際にはもっとあったかも)、ますますもって作りの粗さが際立ってきてる気がします。

 7話の裁判パートはまぁいつも通りの端折り方かなぁという感じでしたが、どうしても納得いかなかったのが

 何故クライマックス推理を割愛した!?
 いろんな意味で印象深いあのエレガントフィニッシュを何故描かなかった!?

 という点。
 あれは割愛しちゃダメでしょう。ダンロンの奇抜な作品観を表す良い演出なのに……

 もっとも、セレスの最期の口上が殆どカットされることなく入っていたのは良かったと思います。
 あれを中途半端に省略すると、キャラクターに対する印象が全然変わりますから……
 その点で、コミッククリア版よりは未だに万倍マシかと。

 しかし終了直前にまた気になる点が。

 あのタイミングで覆面の黒幕って出てきたっけ?

 ちょっと時間が無くて原作を確認できてないのですが、たしか映像も無くいきなり殴られて気絶してたような……

 記憶違いだったら的外れな指摘なのですが、5章より前にあの覆面を描いてしまうと、5章でのインパクトが薄れてしまうんじゃないかと心配です……その手のチョンボが多いので杞憂が止まらない(;´д`)

 全ては終盤で盛り返すための蓄積と信じたいのですが、さて今後どうなっていくのか。
 あと2~4話は我慢しなきゃいけない状態が続きそうではありますが……w