激動だったようなそうでもなかったような1年

2013年12月31日
雑記

 毎年恒例(昨年は年明け後になっちゃいましたが)、一年のまとめでございます。

 今年も項目が多いので、それぞれについてはなるべく短くなるように心がけてますが……まぁ心がけるだけ無駄なのも毎年恒例ですね、はい(;´д`)

 

【拙作について】
 とりあえず……

 何が「今年はせめて7作は」だよ自分!! orz

 まさかたったの4作(寄稿含む)で終わってしまうとは……w
 まぁ拙作執筆と偉そうに言っても結局はアマチュアが余暇を割いている所業ですので、それだけ今年は夢中になれるゲーム等が多かったということなのですが……もう少し頑張りたかったなぁとも思います。「理想が低い」と自虐した目標にすら辿り着けないとは……

 ただ、一つ思い切ったことが出来て良かったなぁと思うのは、冬コミで発行されたソルフェージュ5周年記念誌に寄稿できたことでしょうか。自身が同人誌制作をしなくなってから4年ほどになるので、本当に久々の紙原稿制作でした。分量こそ少なかったものの、ソルフェージュの二次創作はやはり楽しいです(´∀`)

 そういえば残念ながら干支にちなんだヘビネタは結局何も出来なかった……本当に何も閃かなかったのです。ごめんよヘビ orz

 ちなみに4月に嘘予告まで作った東方のさとレミネタですが、実際にはちまちまとは書き進めてます。ただ、好きなカップリングだと消しては書き直してがあまりに多くなりすぎて、進行しないことしないこと……締切を設定してそこまでに仕上げるプロの皆さんには敬意が絶えません。

 来年はせめてそれだけは仕上げたいなぁと。あと8月8日だけは死守したい。他はもう大風呂敷広げないでおきます……w
 

【シュタインズゲート】
 毎度おなじみ、世間様より数年遅れてハマる流れ。今年はこの作品でした。

 きっかけはひょんなことで、劇場版の宣伝を見たら何か面白そうだったので、だったら最初の作品からしっかり見ようと考え、とりあえずVita版のシュタインズゲートを購入したらこれがクリティカルヒット。トゥルーエンドに自力で辿り着こうと3日も粘ったのは久々でした……結局自力では到達できず答えを調べましたが orz

 その後、アニメ版も全て見てから劇場版を鑑賞。こちらも正統な続きのお話で非常に面白かったです。

 派生作品やスピンオフも多くあって興味もあるのですが、まぁ何しろ数が多い……何か縁があったら手を出してみようとは思ってますが、これまたいつになることやら……w

 とりあえずこの作品がきっかけでミンゴス人気が上がってることが期待できるのが何より嬉しい。(結局そこか)
 

【討鬼伝】
 「和風モンスターハンター」って感じのゲームで、これが非常に面白かった。

 モンハンよりもいろいろと大味で、派手に空中戦を繰り広げることができたり、攻撃や強化の術みたいなのもあり、自分はモンハンよりも好きでした。また、ストーリー絡みの要素もモンハンよりしっかり作り込まれていて、NPCもボイス付きでまぁよくしゃべる。声優さんも結構豪華で、そのあたりの要素も非常に良かったと思います。

 もっとも、世間様のモンハンユーザーにはそうでもなかったのか、周囲では殆ど見向きもされてなかったようで……いつものことっちゃいつものことなんですが(;´д`)
 

【ダンガンロンパ】
 新作が出たわけではありませんが、夏には1作目のアニメ版が放映され、11月には1・2を詰め合わせた「Reload」も発売されました。尺の短さから出来が心配されたアニメ版でしたが、ナーバスで口の悪い一部のファン連中とタチの悪いアンチ以外には概ね好評だったようで、その後の展開を見ても着実に人気を伸ばしているようです。
 来年には1と2の間の話を描いた最新作が発売予定のようですし、1のアニメの反響によっては2のアニメ化なんてことも有り得るかも……
まだまだ目が離せません(´∀`)
 

【艦隊これくしょん】
 今年最大の新規開拓はこれで間違いないと思います。

 正直なところ、初めはこの作品に良い印象はありませんでした。ツイッターで散々話題に上げましたが、モバマスからここに移った初期ユーザーの一部がモバマスを不当に散々コキおろしてたため、坊主憎けりゃ袈裟までの理論で、どっちかというと嫌悪じみた感情もありました、正直。

 そんな中でどうして手を出したかはあまり覚えてませんが、着任以降はわりとどっぷりハマっていました。

 関連グッズはあまり買ってないのですが、拡張コンテンツの課金やらは結構積極的にやってる気がします。わりと生活が艦これを中心に動いてる時期もありましたし……ツイッターをご覧の方にはご承知の通りですが……w

 まぁ何はともあれとりあえず漣ですよ、漣。
 レンじゃなくてさざなみ。
 これから始める人は初期艦には漣を選びましょう。ホント可愛いから!!
 あれだ、最初に選んでおかないと漣はなかなか取れないから。
 だから漣を選ぼう! そしてみんなで漣の魅力に取りつかれよう!!

 うん、漣ほんと人気薄いんですよ……初期艦とは思えないぐらい…… orz
 

【Project mirai 2】
 DIVAじゃない方のミクさんと仲間たちの音ゲー。
 1作目は何となくスルーしてたのですが、今作は大好きなピアノ×フォルテ×スキャンダルが収録されているということで脊髄反射で購入を決意。やってみるとDIVAとあまり大差無く楽しめる作品でした。
 長所でも短所でもあるDIVAとの最大の違いが、それぞれの曲がフルコーラスで収録されていること。曲の魅力を十二分に味わえるのは非常に魅力的なのですが、スコア狙いやフルコン粘着をする段階に至るとこれが途端に腰を重くする……(;´д`)
 そんなわけで少しお休み中の現状です。もっともDIVAは結構ドハマリして時間を溶かすので、良いタイミングでいったん離れられたとも考えられますがw
 
———————————————-
 以下は毎年恒例な話題。
———————————————-
 

【競馬】
 昨年のヴィクトリアマイルの勝利以来、活躍に縁の無かった愛しのホエールキャプチャでしたが、今年のヴィクトリアマイルにて熱い復活劇を見せてくれました。大本命ヴィルシーナを追い込むハナ差の2着。人気順が下から数えた方が早いほど低かったのですが、いやはや、レース後は本当に爽快でした……ホエールに見向きもしなかった予想屋連中のお葬式ムードは本当に胸がスカっとしたwwwザマァ見ろwwwwwww(今思い出しても爽快らしい)
 1着になれれば更に理想的でしたが、それが良い調子回復につながったのか、放牧明けこそ冴えない戦績だったものの、エリザベス女王杯の前哨戦では余裕を見せての圧勝、久々の重賞勝利も見せてくれました。エリ女本番はさすがに距離の相性もあって6着に終わってしまいましたが、それでも昨年の惨敗から考えればよく走ってくれたと思います。

 今年いっぱいで引退かと思ってたら陣営は現役を続けさせる意向のようで、来年のヴィクトリアマイルが今から楽しみです。2連覇こそ成し遂げられなかったものの、VM2勝というのは今のところ前代未聞のはずですから、マイル女王として歴史に名を残してほしいなぁと期待してしまいます。

 ちなみに馬券は今年はほぼ全敗でした orz
 唯一当たったのはヴィクトリアマイルでホエールの単勝と合わせて少しだけ買ってた複勝のみ……おかげでその日だけは収支プラスでしたがw
 

【ドラゴンクエスト10】
 夏ごろまで淡々とこなしていたDQXですが、上級者向けシナリオの「神話編」が途中から協力プレー必須になってしまい、野良を厭う身では進められなくなってしまいました。残念ながら仲間は誰も続けておらず、モチベーションが下がってしまい、数か月ほどお休み状態に。
 しかし12月頭に追加ディスクである「バージョン2」が発売されたところで再開。新エリアや新職業など、新たな刺激も増えていて、大いに楽しませてもらっております。カジノはリアルラックを求められる割合が高くなりすぎて早々に挫折しましたが orz
 自分がお休みしてる間にいろいろと便利なシステム更新も行われていて、「離れても戻ってきやすい」という看板はわりと偽りではないんだなぁと実感させられてます。半年前と比べると数倍快適になったと言っても過言ではないかも。

 もっとも、例によって周囲が帰ってくることはなかったのですが……みんなFF14に夢中のようでw
 あっちは完全に出遅れましたね……さすがにこれだけ差が付いてしまったのでは、恐らくプレーすることは無いのではと(;´д`)

 まぁDQXは1人でも遊べるので、淡々と続けていこうと思います。
 

【東方Project】
 昨年とは裏腹に、今年は立て続けに2本の新作が発売した東方。

 さすがに時代の流れがこの作品にも訪れたのかついに動作スペックが追いつかなくなってしまい、パソコンを買い替えることにもなりましたw

 まずは黄昏さんの心綺楼。
 新キャラは1人だけだったものの、白蓮や神子といった最近の作品のラスボスが大暴れ。さらに謎が多めだったこいしもプレーヤーキャラに抜擢されて資料が増え、地霊殿勢が盛り上がりっぷりがすごかったw

 そして本家の輝針城。自分自身も待ち望んでいたSTG新作、非常に楽しめました。
 しかしまぁ一部の自機の難易度が高いのなんの……特に咲夜Bは未だにEXが終わってません(;´д`)
ゲームシステムはここ数作と比べるとだいぶシンプルになってましたが、その分だけ腕が問われる側面が強くなった気もします。スペルプラクティスがあって本当に良かったですわ……w

 今回は敵方に組織らしい組織は無かったので、新キャラの人気は良い意味で散ってるみたいですね。
 輝針城まとめてハマったって感じより、従来好きだったキャラに絡められるキャラを見出したという人が多いようです。むしろ珍しく1~3面ボスがセットで取り扱われてるのを結構見るかも?

 自分自身は新しくツボに入ったって感じはありませんでしたが、それ以前に拙作の項でも書きましたが、地霊殿絡みで書きたいネタが残ってるぐらいなので、とにかく頑張らないとなぁと(;´д`)
 

【アイマス・モバマス】
 本家でははるちはとやよいおり、モバマスではみりあを愛でる生活は相変わらずです。
 本家はベストアルバムの発売以外はそんなに大きな動きも無かったので、モバマスの話題を中心に。

 とにもかくにも……

 みりあ大勝利の年でしたね!!

 まさに歴史に残る1年です。(大袈裟)

 新春のSレア追加から始まり、まさかのCDデビュー、ガチャSレア追加、さらにはシンデレラドリームなる準メインクラスの扱いまで……気付けば中心人物の仲間入りをしていました。
まさか第二回総選挙30位にも入れなかった彼女にこれほどの恵みが与えられるとは……世の中何が起こるかわからないものです。

 おかげで「ガチャに課金はしない」と決めていたポリシーはあっさりと崩壊。まぁ肝心のみりあに関しては愛の力で引き寄せた部分もあったのか、実はそこまでお金が飛ばずに済んだのですが、その数か月後に実施された紗南のガチャで諭吉君が複数人旅立って……アホな話です(;´д`)

 実際、みりあは自分の中で殿堂入りしてるので別格として、紗南もかなり好きなキャラです。ゲーマーキャラを好きにならんわけもないわけで、もしもみりあより先に存在を知っていたら現在のみりあPである自分はいなかったかもしれません……w

 あ、やっぱり本家の話題も少し。

 ベストアルバムでやっと日の目を見ることが出来たシャイニーフェスタ新曲4つ、フルコーラス版も非常に良い出来でした。惜しむらくは殆どが既存曲で構成されたベストアルバムであるため、わりと既存ユーザーの食いつきが良くないと見られること……名曲揃いなのに非常に勿体無いなぁと思います。バンナムの面の皮が厚いのが憎い。

 来年は久々に本家の新作も出るという告知があったので、詳細発表をいつも待ちわびています。あとアニマス映画ですね。これは新年早々のようなのでこちらも非常に楽しみにしています(´∀`)
 

【BEMANI】
 いつも通りの1年になりそうだ……と思ってたのは夏の終わりまで。

 SOUND VOLTEXにすっかりハマってしまいました。

 昨年は年の瀬にダンエボにハマりましたが、今年は9月の頭ぐらいからがっつりボルテに熱中し、未だにその熱が冷めていません。
 (初作稼働から1年以上経ってるとは言え)やはり全くの新作だと言うのが新鮮で楽しいのか、要領がわかるにつれてウェイトが増しています。弐寺やポップンと違って殆どの曲が未体験ですし、他作品からの移植曲もかなり少ないので、プレーしていて退屈しないというのもあります。(自分が疎遠になっていた時期にすごい勢いで曲が増えたらしく、まだ未プレーの曲も大量にあります。)

 もっとも、好きだからと言って成長がスムーズとは限らないのもいつも通りで、周囲で剛力羅が誕生したり末は剛力羅かという人材が現れてる中で、スローペースの進行っぷりを晒しております……ようやく麗華が全部クリアできましたが、魔騎士は第2、3回をギリギリクリアできる程度。それ以降の魔騎士は全くクリアの目が見えていません……特に第4回と第6回は全く勝ち目が見出だせない orz

 まぁまだまだモチベーションは衰えてないので、たとえ周囲がみんな剛力羅になったとしても続けていけそうな予感はあります。劣等感との戦いには慣れてはいるので……きついにはきついけど……w

 弐寺やポップンはだいたい維持ってところでしょうか。弐寺に関しては先月のトリコロまとめにも書いた程度の感じで、ポップンも相変わらず48が10曲弱ぐらい埋まらない状態が続いてます。最近ポップンに本腰入れ始めた某氏にあっさりクリア状況を追い抜かれたあたりは平常運転……所詮は15年の積み重ねだけが頼りの身、本気で修練してる人にかなうはずもありませんw

 年明けてもしばらくはボルテ中心の生活になりそうな予感はしています。少しずつ頭打ちが見えてきたかなーと思う時もあるのですが、かろうじて行き止まりにはきていないようです……

 
 
 そんなわけで、2013年のまとめでした。

 ますますもって不定期に雑記を垂れ流すだけのスペースとなりつつありますが、とりあえず死ぬまでこのブログを維持できればなぁとは思っておりますので、来年もLimitaion-0ならびに静江有星を生暖かい目で見守ってやっていただければと存じます……w